イラン、ザクロス山脈を遊牧しているカシュガイ族が手織りする、草木染の羊毛を使った毛足の長い生活に根付いたカーペットです。大きさは、40cm角ぐらいの個人用、150cmx100cmの少し大きめ、そして絨毯のような大型もあります。厚みは15mmぐらいから25mmを越えるものもあり、ずっしりと重いのも特徴の一つです。昼夜の寒暖差の激しい気候から生み出されたギャッベは、冬は暖かく夏はさらっとしているので一年を通じてお使いいただけます。

文様に特徴があり、人や動物などのワンポイントが織り込まれているデザインが多く、左右対称でなかったり模様がずれていたり、ざっくりとした編みでその素朴感に味があります。他国製の安価なものも出回っていますが、本物のギャッベはウールの質が違います。ペルシャバリアントと呼ばれる羊毛はとても柔らかく、品質耐久性が優れています。







ギャッベのデザインとその意味

ギャッベにあるデザインはキリム同様、自然の恩恵を受けている遊牧民の歴史から、身近にある自然や動物などがデザインの元になっています。写実的に作られているものもありますが、幾何学的に抽象化された文様が大半です。 それぞれ隠された意味があり、織り手である女性の恋愛、結婚、出産から家族の安泰、幸福への願いなど数多くあります。 その形から見て、隠された意味を探ってみましょう。

デザインの意味を見る